ローコスト体制を構築、地域一番の低価格を目指す キーワードは「いつでも安い」

豊かな暮らしづくりへの貢献

「どこにも負けない価格での提供」が、ベイシアの目指す価格政策です。ベイシアは、安心・安全に徹し、品質、機能においても、お客様に満足していただける商品を、どこよりも安く提供していきます。

いつでも変わらず
生活必需品を安く提供し続ける

いつでも変わらず生活必需品を安く提供し続ける

ベイシアの価格政策の原点は”More Discounting”、つまり「少しでも安く提供し続ける」ことにあります。私たちが提供する商品は生活必需品であり、ここにかかるコストを軽減するほど、消費者は豊かな生活を楽しむことができます。

低価格で重要なことは”ESLP(Everyday Same Low Price)”です。日本の小売業界では、セールの時だけ安くして、終わるともとの価格に戻す”High & Low”という販売手法が一般的です。ベイシアは、こうした商慣習の打破に努め、常に同じ価格で販売し、なおかつ多くの商品でESLPを実現しています。

競合他社が一定期間、セールで価格を下げたとしても、例えば1ヵ月のトータルの買い物金額を見れば、ベイシアの方が必ず低価格であると自負しています。また、生鮮食品や冷凍食品、洗剤やティッシュペーパーなど、購入頻度が高い商品ほど低価格に徹しています。そうすることで、お客様の豊かな暮らしづくりに、より貢献できると考えています。

お客様へ低価格を還元するために
ローコスト体制へ挑戦

お客様へ低価格を還元するためにローコスト体制へ挑戦

一部の商品が一定期間低価格であることと、多くの商品が常に安いことには、大きな差があります。商品限定や期間限定は、メーカーやベンダー(商品供給者)の協力で可能ですが、多くの商品を常に安く販売するためには、企業全体がローコスト体制になっていなければ不可能です。

ベイシアは創業以来、ローコスト体制の構築に全力で取り組んできました。出店地の開発は、外部デベロッパー等に依存することなく自社で行い、店舗運営ではあらゆる作業で簡素化、標準化を進めて効率向上を図っています。

また、物流では、自社で物流センターやプロセスセンターを運営し、コストの削減に努めています。仕入れコストでも、産地やメーカーからの直接仕入れや、オリジナル商品の開発を進めて、その低減に全力をあげています。その結果、販売管理費が20%以下と、他社を5%近く下回るローコスト体制を実現。これを”低価格”としてお客様に還元しています。

品質や機能も地域一番を目指して
お客様の満足を追求する

品質や機能も地域一番を目指してお客様の満足を追求する

ベイシアが目指すのは、お客様が満足する商品を、地域一番の低価格で提供することです。お客様の満足は、品質や機能と価格のバランスにおいて成り立つもので、品質や機能の向上は価格追求と同じく、重要な政策です。

ベイシアでは、厳格なガイドラインを設けて鮮度や品質の管理を徹底しています。オリジナル商品に関しては、モニタリング調査など定期的な品質チェックを行い、常に商品改善に取り組んでいます。価格追求の中でも、品質の管理、改善への努力を怠らず、顧客満足を追求しています。